日帰り治療で美容の悩みが解消できることで人気

切らない施術

注射器

埋没法は切らないのに糸が取れにくい

二重埋没法というのは、切らないのが特徴でありながらも糸が取れにくいという特性があります。そのため、はじめてプチ整形に挑戦するという人の間で好評なのがこの二重埋没法なのです。二重埋没法というのは、実は、日本で誕生したプチ整形の施術方法です。それというのも、当時は日本では美容整形に対する抵抗感を持つ人が多かったことから、メスを使わなくてもできる施術を日本の美容整形外科医が開発しました。そうしたところ、東京から地方都市の福岡までプチ整形が普及していったのです。今では、福岡のクリニックでも例外なく二重埋没法が最も需要が高い施術方法となっています。二重埋没法は、瞼に髪の毛よりも細い糸を通し、2箇所留めることで二重の癖をつけることができるのです。この癖は摩擦に弱いとは言え、取れにくくなっているので理想的な二重まぶたを実現します。福岡ではカウンセリングの後に施術を行いますが、カウンセリングでしっかりとシミュレーションをしているので、仕上がりの満足度が高いです。

はじめて二重埋没法の施術を受ける場合においては、まずはどういった二重のデザインにしたいかということを予め決めておきたいところです。二重のデザインというのは平行タイプや末広型など種類が多く、施術料金も同じなので、自分の理想的なデザインにすることができるのです。もちろん、瞼の厚みや目の形などは個人差があるので、医師と相談してから決めるという選択肢もあります。ただ、気に入った二重のデザインのタレントの切り抜きなどを持参すると、福岡の整形外科医もイメージがつかみやすく、シミュレーションの時間を有効に活用することができるということも事実です。良心的な福岡のクリニックでは、シミュレーションのためのカウンセリング時に十分な時間を当てています。プチ整形であっても仕上がりを大きく左右するシミュレーションというのは、とても重要なのです。プチ整形は施術時間が10分程度ということもあり、施術も短時間一髪勝負です。そのため、短い時間で患者の要望を把握し、施術をします。