日帰り治療で美容の悩みが解消できることで人気

人気の二重まぶた

エステティシャン

二重まぶたの施術方法

プチ整形とは、一般的にメスを使わずに顔の形を整える施術のことです。施術するときに腫れや出血が少なく、さらに傷が残りにくいということもあってプチ整形が人気となっています。プチ整形には色々な種類がありますが、その多くは効果が半永久的ではないということです。例えば、二重まぶたにする施術に埋没法と呼ばれるものがあります。これは糸と針を使って二重まぶたを作る方法ですが、留めていた糸を外せば二重まぶたは元通りに戻ってしまいます。せっかく美容整形するのだから、効果を持続させたいと考える人もいるでしょう。しかし、効果が限定的である故に、本格的な美容整形をする前に、まずプチ整形で試してみることが可能です。このような手軽さが人気の理由にもなっているのです。ところで、福岡にはプチ整形を体験できる美容外科クリニックが多いです。これらのクリニックは、県庁所在地である福岡市の繁華街をメインに集まっています。博多や天神エリアなどを調べてみれば、理想の美容外科クリニックが見つかるでしょう。

美容にこだわりがあると、整形手術に強い興味や関心を持つことがあります。ただ、いきなりメスを使って手術することに抵抗を持つ人も多く、その場合はどうしてもプチ整形に関心が寄せられます。数あるプチ整形の中でも、二重まぶた術に興味を持つ人は多いです。何故なら、綺麗でかわいい人は二重まぶたが多いというイメージがあるからです。二重まぶたをプチ整形するならば、糸で留めてラインを作る埋没法を行います。ところで埋没法には、瞼板法(けんばんほう)と瞼板法(きょきんほう)の2種類が存在します。瞼板法とは、まぶたの中にある瞼板と呼ばれる部位があり、そこに糸を留めることで二重まぶたにする方法です。一方、挙筋法とは瞼板の上に見える赤い筋の部分の挙筋腱膜に糸を留める方法です。一般的に瞼板法は挙筋法に比べて医師の技術に左右されにくいですが、言い方を変えれば挙筋法は医師に対して高度な技術が求められるのです。福岡には埋没法を実施するクリニックは多いですが、瞼板法と挙筋法の両方やっているところもあります。もし福岡で埋没法を受けるならば、どちらの術式かを確認してみると良いです。